特別講演会のご案内です。

「ウクライナ危機後の中国」

講師:益尾 知佐子先生(九州大学准教授)

 佐賀県生まれ、福岡県出身。小倉高校在学中にアメリカに交換留学。東京大学在学中に北京大学に交換留学。東京大学総合文化研究科で博士号取得。中国の対外関係を専門として研究。最近は東アジアの地域秩序のあり方に強い関心を持っている。これまでの研究テーマには、中国をめぐる海洋問題、中国の地域協力政策(一帯一路を含む)、中国における国際関係論の成立、中朝関係、改革開放と国際関係の関連性、1982年「独立自主の対外政策」の成立、中国の近代化と日中関係、などがある。論文執筆や学術報告は日本語・英語・中国語で行っている。  著書に「中国の行動原理 国内潮流が決める国際関係」(中公新書)、訳書(共訳)に「現代中国の父鄧小平」(エズラ・F・ヴォーゲル著、日本経済新聞出版)など。

日時:7月26日(火)17時半~19時
   ビアパーティ:終了次第
   ※ビアパーティにご参加される方:参加費3,000円
場所:福岡ペン倶楽部 コミュニケーションスペース「自由闊達」
   福岡市中央区大宮1-1-6 ホテルニューガイア薬院2F
※今回事情によりYouTube配信は行いません。

お申込は下記申込フォームにご入力の上お申し込み下さい。
皆様のご来場、お待ちしております。