「米国のインド太平洋戦略と九州における日米関係の展望」
ロシアによる理不尽で、根拠のない、許しがたいウクライナへの侵攻は、平和と安定のための地域の同盟の重要性を明確にしました。この講演では在福岡米国領事館トップのジョン・テイラー首席領事が、ホワイトハウスの2022年「インド太平洋戦略」と日米安全保障同盟への関連について説明します。
本講演会は、「福岡日米協会」との共催で開催いたします。

講師:ジョン・C・テイラー氏
2019年8月に3年の任期で在福岡米国領事館の首席領事に着任し、2022年7月に離任予定。米空軍を経て2003年に米国務省入省。在札幌米国総領事館にて、2009年から2012年まで広報文化交流担当領事として勤務。その他、スウェーデンのストックホルム、インドネシアのスラバヤ、ワシントンD.C.、アフガニスタンのカブール、ジンバブエのハラレでの勤務経験がある。

日時:6月10日(金)17時~18時
   ビアパーティ18時~19時
   ※ビアパーティにご参加される方:参加費2,000円
場所:福岡ペン倶楽部 コミュニケーションスペース「自由闊達」
   福岡市中央区大宮1-1-6 ホテルニューガイア薬院2F
※今回事情によりYouTube配信は行いません。
※自由な意見交換のために、講演会およびビアパーティにおけるテイラー首席領事の発言はすべて「完全オフレコ」といたします。
※上述の理由で講演会の報道はできません。